現状を超える、より良い環境の提案を

Value Mediconの取り組み

より多くのお客様へコストの適正化を提案し、
販売メーカーと企業・個人がWinWinである環境を目指します。

電力事業 ~電力会社は選ぶ時代~

提供プランの3つの特徴

① 初期投資は 一切不要

② 切替後も電気の質・安定性は これまで通り

③ 継続的な コストダウンが可能


電力供給の仕組み

契約する発電施設が発電した電気を、電力会社の送電線網を使用し、ご契約いただいたお客様に供給いたします。 既存の送電線を利用するため、初期投資は一切不要、今まで通り電気をお使い頂くため、電気の質・安定性はこれまで通りです。

低価格で提供できる理由















調達電力は余剰電力がメイン

お客様にお届けする電気は工場が所有している発電設備の余剰電力がメインです。 電力の価値を最大化できる発電形態を実現し、競争力のある条件にて調達しています。電源の開発にも力を入れており、独自の供給ルートからも調達しています。


電気の使い方がポイント

電力会社の料金は2部料金制になっており、電気の使用量に係わらず、契約電力(kW)により決定される「基本料金」と電気の使用量(kWh)により決定される「従量料金」があります。 契約電力に対して電気の使用量が少ない(=負荷率が低い)お客様は、電気料金に占める基本料金の割合が高くなり、1kWhあたりの電気料金が割高になっている場合が多いです

生活コストの適正化をご検討のお客様はお気軽にご相談ください。