コンセントから電気製品に電力が供給されるまで、必ず電気のロスが発生します。
「SAVER KING JAPAN」は、特殊なコンデンサで電気のロスを減らし、結果、電気料金を削減することにつながります。
SAVER KING JAPANによる
驚異の節電効果をご覧ください!
施設名:教会
月平均電気使用量:8.988kwh
電気料金
  2014年 2015年 最大ピーク値 削減の分析 削減
(電力量)
使用量(kwh) 使用量(kwh) 使用量(kwh)
1月 15,497 14,043 104 107 -1,454 -9%
2月 14,516 15,250 106 97 734 -5%
3月 11,633 9,365 98 80 -2,268 -19%
4月 8,843 6,996 66 59 -1,847 -21%
5月 6,554 4,637 56 48 -1,917 -29%
6月 6,816 5,225 41 40 -1,591 -23%
7月 8,561 6,283 50 33 -2,278 -27%
8月 8,357 7,200 55 45 -1,157 -14%
9月 7,511 6,454 45 39 -1,057 -14%
10月 6,108 4,408 30 24 -1,700 -28%
11月 7,290 5,652 76 46 -1,638 -22%
12月 13,697 8,081 108 64 -5,616 -44%
合計 11,583 81,876 835 682 -21,789 -18%
商品についてのお問い合わせをする

施設名:教会
月平均電気使用量:8.988kwh
電気料金
  2014年 2015年 最大ピーク値 削減の分析 削減
(電力量)
使用量(kwh) 使用量(kwh) 使用量(kwh)
1月 15,497 14,043 104 107 -1,454 -9%
2月 14,516 15,250 106 97 734 -5%
3月 11,633 9,365 98 80 -2,268 -19%
4月 8,843 6,996 66 59 -1,847 -21%
5月 6,554 4,637 56 48 -1,917 -29%
6月 6,816 5,225 41 40 -1,591 -23%
7月 8,561 6,283 50 33 -2,278 -27%
8月 8,357 7,200 55 45 -1,157 -14%
9月 7,511 6,454 45 39 -1,057 -14%
10月 6,108 4,408 30 24 -1,700 -28%
11月 7,290 5,652 76 46 -1,638 -22%
12月 13,697 8,081 108 64 -5,616 -44%
合計 11,583 81,876 835 682 -21,789 -18%
商品についてのお問い合わせをする

SAVER KING JAPAN 節電の原理
特殊設計されたコンデンサを利用して、供給される電気の電圧を変動させず、電力品質を向上させパフォーマンスを最大化します。
また、電気料金(電力量/KWH)は、
電気料金(電力量/KWH) = 電圧 × 電流 × 時間
で決まりますが、電圧は電化製品を増減させない限り固定値で、時間もブレーカーを落とさない限り固定値なので、電流を減らす事で電気料金を削減できる仕組みとなっています。
メーカーテスト
使用前と使用後での電流、電圧、電力、力率の違い

電圧は変わらず、また力率は改善され、電流と電力のみ下がっています。
国内試験場テスト
電圧は変わらず、また力率は改善され、電流と電力のみ下がっています。

皮相電力と無効電力が大幅に下がっています。
良くあるご質問
コンセントに差し込んで他の電化製品や機械設備に影響はありませんか?
ありません。
差し込むコンセントはどこでもいいのですか?
どこに差し込んでも大丈夫です。しかし、たこ足配線でのご利用はお避け下さい。
1台でどれくらいの電気容量に対応可能ですか?
1台で1000kwhの電気容量に対応しております。例えば、月間使用量が2300kwhの場合、3台必要になります。
どのような原理で電気料金を削減するのですか?
力率改善を通じて効率を最適化して、消費される電流を減少させます。詳しくは製品紹介をご覧ください。
削減される電気料金に差があるのはなぜですか?
家電製品の使い方、集客数や機械設備の数、利用方法により電気料金の内容は変化しますので使用方法が同じでない限り削減率も変化します。
すぐに節電効果を確認することはできますか?
電気製品の動作環境や機械設備に応じてそれぞれの効果は異なり、また、力率に応じて多様に変化するため節電効果を確認するためには一定の時間が必要です。
SAVER KINGの製品寿命はどのくらいですか?
およそ10万時間となっております。
商品についてのお問い合わせをする
特定商取引法に基づく表記